ティッシュを無駄にした犯人 正義の心の育て方

みなさん こんにちは〜 たけのこ@takeno_kotori)です。

スッと読めてチョコっと笑える「1分家族絵日記」

今回は散らばったティッシュ。おそらく犯人は決まっているが正義の心で自白させたい夫婦の一コマになります。

それではどうぞ〜♪

ある日妻がテーブルの上に散乱したティッシュの現場に遭遇。

ティッシュ箱の上から引っ張り出したのでは無く、横の点線をぶち破ってティッシュがビリビリになりゴッソリテーブルに出され散らかっていました。

ティッシュを散らかした子どもに驚く妻

現場の近くには息子の姿。

こんなやんちゃな事をするのはきっと息子と思い、物的証拠はありませんが息子に詰め寄る妻。

「ティシュ出したのキミですか⁉︎」

子どもに確認する妻

その問いに対し息子は沈黙………

しばらくして一言「ぱぱ」と私に容疑をかけてきました。

そのやりとりを見ていた私は(イヤ、キミでしょ!)と心で思っていました(汗)

人のせいにする子ども

改めて妻が確認

「パパがティッシュを散らかしたの⁉︎」

息子の少しの沈黙……… そして「うん。ぱぱ。」

人のせいにする子ども

正直、夫婦共々犯人は分かっているのですが息子の正義の心を育てるため、自ら謝って欲しいという思いから夫婦の寸劇が始まります。

妻:「息子はパパがやったと言ってますが〜」

私:「オレじゃない、オレじゃないよ〜」

夫婦の子どもの心を確認する会話

そんなやりとりに見ていた息子は

「ぱぱ。てっしゅ(ティッシュ) だめよ!」と猛烈に私を叱ってきました。

怒りながらパパのせいにする子ども

正義の心を育てるどころか何故か息子を叱るタイミングすら完全に逃しました(汗)

どのご家庭でも子どもには正義の心を持って欲しいと思う親心はあると思いますが、どうすればその心を育てられるのでしょうね?

それではまた。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる